梅雨はランニングの大敵です

ランニングが趣味の私にとって、梅雨のこの時期はとても辛い時期になります。雨が続き走れないからです。
スポーツは3日サボると感覚を取り戻すのが大変だと言いますが、ランニングについてもこれは言えること
です。期間が少し開いてしまった後のランニングというのはとても辛いものがあります。

なので、この時期は雨の合間を狙ってのランニングとなります。1日雨が降り続いているという日はなかなか
ないものです。1時間ほど(できれば2時間あるとうれしいのですが)あれば大丈夫です。しっかり走ること
が出来ます。

 

幸いなのは、今は情報がたくさん得られるということです。ネットを見れば天気予報はすぐに確認することが
出来ます。最近では、次の日と言わず、3時間後、1時間後の天気まで細かく分かるようになりました。さらに
自分の現在位置を設定しておけば、精度の高い天気予報を利用することが出来ます。

 

おかげで雨が降らなさそうなタイミングを狙って走ることが出来ていますが、それでも急に降られてしまう
ということはよくあります。この前なんかは走り終わった後に降られてしまいました。私は走り終わった後、
しばらく歩くようにしています。急に止まると辛いからです。

 

全力で走り終わった後のクールタイムですが、そんな時に降られました。体力はほとんど残っていないのに、
そんな体に鞭打って走りました。濡れてもすぐ帰るので、別によさそうなものですが、ポケットにはiPhone
が入っているのでそういうわけにも行きません。

 

こんな経験をすると、早く梅雨が終わって欲しいと切に願ってしまいます。